yuletide@blog

Pokémon GOのAR写真とか。アニメの感想とか。たまに難しいことも。不思議ちゃんの新婚生活8年目@東京をまったり記録。

コンビニにアダルト雑誌が並ぶ日本は、本当に世界に誇れない国なのでしょうか(´・ω・`)

・オリンピックを機にコンビニの本棚からポルノを一掃しようという主張があるようです。でも、これにより保護されるのは個々人の嫌悪感にすぎないのではないでしょうか。

・であるなら、その嫌悪感が社会的・法的に保護されるべきかは、ポルノを見たい人・表現したい人・売りたい人の自由との比較衡量のもと判断すべきであるはずです。

・少なくとも、「国際スタンダードだから」「子どもの教育に悪影響だから」という曖昧な理由で、「街にポルノが溢れているのはおかしい」と規範を立ててしまうのは乱暴であると思います。

 ↑

いつもながら文章が長くなってしまったので3行にまとめときました(^-^;

2020年東京オリンピック開催決定おめでとうございます。

……とはいってもゆーりんはスポーツにあまり関心がないので、個人的にはどうでもいいかなって感じなんですけど(笑)

でも、東京はこれからインフラ更新が大変になっていくはずの街です。

東京をより住みやすく、よりひとの集まりやすい街を目指して戦略的に造り直していくには、オリンピックが良い契機になるのかなーと思うので、一都民としてはこれを前向きに捉えていきたいですo(^-^)o

さて表題の件なんですが、、、

なんでこんなことを考えたかというと、以下のようなつぶやきがリツイートされているのを見かけたからです。

(引用中の太字はゆーりんによる編集です)

https://twitter.com/TrinityNYC/status/376441482636713984

TrinityNYC ‏@TrinityNYC

おーし、こうとなったら、これを機会に汚染処理をガンガンやる!街のポルノも一掃する!東京にいっぱい人がきてくれて、いっぱいお金落としてくれて、日本国にとっての【最大の経済効果】が生まれるように、頑張ってや!!経済効果、それが被災地のために一番だでな!

133件のリツイート

44お気に入り

2013年9月8日 - 5:26

https://twitter.com/londonshocho/status/376456117078876161

じょーじくるーにー ‏@londonshocho

さて、世界中の人が東京にやってくる。世界に誇れる街にするために、やるべきこと・やれることは沢山ありますね。通信環境、英語環境、決済環境、コンビニの本棚・・・、世界の常識に照らして、勝手に外圧にして替えていきたいですね。

49件のリツイート

21お気に入り

2013年9月8日 - 6:25

で、気になって「オリンピック コンビニ」で検索してみると、こんな記事も見つけました。

http://www.news-postseven.com/archives/20130907_209051.html

NEWSポストセブン「東京五輪開催決定なら期間中コンビニの成人雑誌消える可能性(2013.09.07 07:00)」

IOCの視察団が訪れた際、コンビニのある売り場を見て顔をしかめたという。都庁関係者が明かす。

成人雑誌コーナーです。都では規制のひとつとして、有害図書指定を行なっていますが、五輪を機に指定を再検討し、強めたらどうかという声がある」

なるほどですねー・・・

これってつまり、「街のコンビニの本棚にアダルト雑誌が並んでいるような状態では、日本は世界の常識に照らして誇れる国ではない」という認識が広くあるっていうことですよね。





ゆーりんは、女性のなかではポルノに関して非常に寛容な考え方をもっているほうだと思っています。

といいますか、エロ大好きです(・∀・)

劇場版まどか☆マギカのマミさんの変身シーンでおっぱいがぷるんぷるん揺れるのはロマンだと思っていますヘ(゚∀゚ヘ)

それでも、街にポルノが溢れているのを見てちょっと嫌な気分になったことはあります。

コンビニのアダルト雑誌にはあんまり思ったことないんですけど、電車のなかでです。

週刊誌の車内広告って、けっこう猥雑な見出しのが多いじゃないですか。

たとえば、週刊ポスト2013/9/13号の広告から一部抜粋すると、

死ぬほどSEX

60歳からの「アダルトビデオ」

AV界ではいま昭和官能が大人気

熟年夫婦モノでお隣の寝室を覗く

ですよ。

ゆーりんは熟女モノ嫌いなんでそういう意味でも嫌悪感を覚えるんですけど、

これから仕事行こう!って真面目モードになってるところで、こういう猥雑なモノがふっと目に入ってしまうと、すごーーーーーくイラっとくるんです。

男性ではそういうことないんですかね……? ぜひご意見をおうかがいしたいです。

それに、東京だと小学生が通学に電車を使っていることも多いので、こういう言葉をあんまり子どもの目に触れさせたくないなぁというふうにも思います。

“有害なものを子どもから遠ざければ良い子に育つ”っていう思想は眉唾ものだと思っていますが、ああいう扇情的な言葉を、小学校低~中学年の子に、親の目の行き届かないところで見せてしまうのは、百害あって一利なしなんじゃないかなーと思うんです。

少なくとも「はだしのゲン」の衝撃的なシーンなんかとは性質が違いますよね……。





そういうわけなので、オリンピックを契機に、街の誰でも目が届くところでアダルト雑誌を売っていることに関して、日本のなかで議論が起こるとしたら、悪いことではないと思います。

ただですね、

コンビニにアダルト雑誌が並ぶのは世界的に見ておかしい、っていう言説には、ちょっとだけ物申したいんです。

下の写真をごらんください~

Img_20130909_094135_2

これは、2009年にドイツに旅行したとき、本屋さんの雑誌売り場で撮った写真です。

拡大していただかないとわからないと思うんですが、雑誌が陳列されている棚の上に、テーマが書かれているんです。それがこういう並びになっています。

Jugend(少年少女) Theater / Musik(演劇/音楽) Erotik(エロティック) 

えとですね、

「少年少女」コーナーの隣の隣が「エロティック」コーナーなんですよ。

つまり、少年少女の目の届くところに大々的にエロ本が陳列されているということです。

で、一応ぼかしを入れてしまったんですけど、このエロティックコーナーにある雑誌の表紙、普通におっぱいまるだしの女性の写真が載っています。露骨すぎて全然そそりません。日本のアダルト雑誌って、確か表紙ではおっぱいまるだしは自粛してませんでしたっけ?(あるいは禁止されてるんでしょうか?)

ドイツ人は真面目であるというステレオタイプがあったので、これを見たときは非常に驚いたものです。





確かに欧米諸国の中でもアメリカは性に厳しいようです。

ニューヨークでは本屋でもコンビニでも地下鉄の車内広告でもアダルトなものは見かけなかったと旦那から聞いています。(ただし、コンドームを使いましょうという広告はあったようです。)

それに、オリンピックが開催されれば、世界中の国々からの訪問を受けるわけです。

ですから、異なる文化背景をもつ様々な国のかたにできるだけ不快感を与えないように、街の目に見えるところについては規制の厳しい国に準じておく、というのはありうる選択肢でしょう。

でもでもでも、

アメリカ=世界スタンダードなのかっていうと、そういうわけじゃないよなぁって思うわけです。

“欧米先進国”ではご法度なポルノが街に置いてあるからって、「世界に誇れない」って言われると、そういうわけでもないよなぁって思うわけです。

性に関する文化って、食文化と同じくらい多様ですし、ひとのいのちやこころに直結している重要なものだと思うんです。

鯨を食べるとか犬を食べるとかもそうですけど、自国(あるいは“欧米先進国”)の文化では野蛮とされていることだからって「遅れた国だ」って非難しちゃうのには、違和感を覚えるべきなんじゃないでしょうか(´・ω・`)

(前述のとおり、欧米先進国のなかでも多様なわけですしね。)