yuletide@blog

Pokémon GOのAR写真とか。アニメの感想とか。たまに難しいことも。不思議ちゃんの新婚生活10年目@東京をまったり記録。

「GOスナップショットチャレンジ」応募規約について自分用メモ【ポケモンGO】

GOスナップショットチャレンジの規約*1関係
自分(日本在住の日本人・成人)に関わるところだけメモ

日本語のページ(「GOスナップショットチャレンジ」開催!GOスナップショットで写真を撮影し、コンテストに応募しましょう! - Pokémon GO)のほうは読んでいる前提です。
間違っているかもしれないので、参考にされる際は自己責任でお願いいたします。

撮影時に注意

・コンテスト期間中にポケモンGOアプリを使って撮られた写真のみ(→過去作品はダメ 他アプリを使って加工したものはおそらくダメ)
・子どもを写す場合は大人と一緒に
Niantic以外の第三者の看板やロゴなどが写っていてはダメ

投稿時に注意

・コンテスト期間はアメリカ太平洋時間(PT)のタイムゾーンで決まる(→ポケGO公式アカウントによる開始告知ツイートを確認してからが安心*2
InstagramTwitterどちらかにしか投稿しちゃダメ

投稿後

・受賞者が発表されるまで公開アカウントにしておく
・受賞はDMで通知される 48時間以内に返信しないとダメ

とりあえず以上
あと、未成年は応募できません


日本ではつい先日、4月7日のアニポケ(アニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」)で紹介するためのGOスナップショットが公式Twitterで募集されたばかり。

この時は10枚のGOスナップショットが選ばれ、番組内で取り上げられました。どれも素敵な作品です。

www.tv-tokyo.co.jp*3

が、その多くが、GOスナップショットチャレンジでは失格になると考えられます。

子どもや赤ちゃんが単独で写っていたり、
スタンプのような画像が挿入されていたり(たぶん)、
店内で撮影されていたり(ポケモンの公式グッズストア、ポケモンセンター(通称ポケセン)の壁が写っていると思われる写真があります)、
ポケモンのぬいぐるみと写っていたり。

ポケセンポケモンのぬいぐるみを写すのがGOスナップショットチャレンジの規約違反かは不確かですが、ポケセンポケモンのぬいぐるみについてはNianticが権利を持っているわけではないので、微妙なところです。いくらポケモンどうしとはいえ、やめておいたほうがよいと思います。


子ども関係とブランド関係の権利に厳しいアメリカと、比較的ゆるやかな日本のお国柄の違いがよく表れているといいますか。
面白い現象ですね。



Youtuberさんなどが注意喚起の動画やツイートをたくさんしてくださっているので、ぜひ一度ご確認を。
とにかく皆さんご注意ください!