yuletide@blog

Pokémon GOのAR写真とか。アニメの感想とか。たまに難しいことも。不思議ちゃんの新婚生活10年目@東京をまったり記録。

蒲公英

その花には香りなどは無く

思い出すときにはいつも

草いきれがにおうばかりなのだ

道端に狂い咲いたそれを

摘んで愛でて 投げ捨てて踏みにじる

春の花を語るならもう二度と

わたしの目は大きく見開かれ

たとえ歯を食い縛っていても

その痛みを知ることなど 決して出来はしない

高すぎる空に向かうでもなく

ただ押し寄せる風

季節を想う間もなく

ただ荒んでゆく肌

それでも

悲しいことなどあるはずはないのだ

柔らかなそれを足の裏に感じたままで

新しい花束を胸に抱いて

新しい熱をこの身に帯びて

悲しいことなどあるはずはないのだ

狂い咲いた花の香りに

誰が泣いていようとも

だからこそ